■Iceland News 1/2013 of visiticeland

HOME > ■Iceland News 1/2013

2013年 1月

554816_1924_preview.jpg

2013/1/31    世界睾丸料理選手権

レイキャヴィークの市長によると、今年8月31日にセルビアで開催される、第10回世界睾丸料理コンテストにアイスランドからも出場することを表明した。アイスランドでは、ラムの睾丸は珍味として食されています。(1月下旬から2月下旬の期間)現在までに、馬、牛、ダチョウ、イノシシ、ロバ、カンガルー、ウサギ、シカ、サメ、ラム、白鳥など16種類の動物が料理されてきました。

2013 BALLCUP (HP) LinkIconリンク

357293_1924_preview.jpg

2013/1/30    世界報道に自由度ランキング

毎年「国境なき記者団」が発表している「報道の自由度」のランキング。今年は179カの国と地域が対象となりました。去年6位だったアイスランドの順位は・・・9位でした。
以下、ランキング順位
1位フィンランド/2位オランダ/3位ノルウェー/4位ルクセンブルク/5位アンドラ/6位デンマーク/7位リヒテンシュタイン/8位ニュージーランド/9位アイスランド/10位スウェーデン/・・・/53位日本/・・・177位トルクメニスタン/178位北朝鮮/179位エリトリア

2013 WORLD PRESS FREEDOM INDEX (HP) LinkIconリンク

piano-keys-musical_19-104660.jpg

2013/1/30    今週の音楽チャート

1. (1)* ‘Nýfallið regn’ by Ásgeir Trausti
2. (3) ‘Yfir borgina’ by Valdimar
3. (15) ‘Þannig týnist tíminn’ by Raggi Bjarna and Lay Low
4. (4) ‘Julia’ by Retro Stefson
5. (2) ‘Háa c’ by Moses Hightower
6. (6) ‘Hvítir skór’ by Blazroca and Ásgeir Trausti
7. (11) ‘Myself’ by Hjaltalín
8. (-) ‘Fortíðarþrá’ by Jónas Sig and Lúðrasveit Þorlákshafnar
9. (-) ‘Where Are We Now?’ by David Bowie
10. (5) ‘Út’ by Ylja

593893_1924_preview.jpg

2013/1/29    東部セイジスフィヨルズルでも大雪

現在アイスランドでは西部・北部に大雪が降り、道路が通行止めになっていますが、アイスランド東部の街、セイジスフィヨルズルでも大雪が降っているため、3日間程隔離された状況にあります。悪天候により、仕事や学校に行けないといった事態です。

593893_1924_preview.jpg

2013/1/28    西部・北部の道路が雪の影響により通行止め

現在大雪の影響で、アイスランド西部・北部、あと東部の一部地域は通行止めになっています。明日の夜まで暴風大雨警報が出ています。

359561_1924_preview.jpg

2013/1/28    レイキャヴィークの図書館で言葉のスピードミーティング

レイキャヴィークの市立図書館にて28日の5:00より、スピードミーティングが行われました。スピードミーティングというと、恋人探しをイメージしますが、このイベントはそれだけではありません。トークやコミュニケーションのために設けられたスペースで、人々に言葉のスキルを向上させるきっかけを作ったり、同じ母国語を話すもの同士、同じ機会で、新しい言語や文化を学びアイスランドに関して時間をシェアできる誰かを探すきっかけを提供します。ゲストは3分毎にルーティングし、言葉によるスピードミーティングを行う事ができます。

357403_1924_preview.jpg

2013/1/28    アイスランドでスピルバーグ映画!

映画監督スティーブン・スピルバーグ氏は将来的に大ヒット作を撮影する為に、アイスランドの会社と話し合いをした模様です。以前にも『父親たちの星条旗』という作品で、レイキャネス半島を舞台に戦闘シーンが撮影されました。

357293_1924_preview.jpg

2013/1/27    3Dで正確なアイスランドの地図を

今週、国立の国土調査によるデジタル画像の大規模なコレクションは、国の3Dマップ同様、より詳細な地図を作成する為に用いられる事ができました。Google EarthやGoogle Mapは国のマップを作り上げていますが、そのにある情報は自由に作られているものであり、アイスランドの地図は必ずしも正しいとは言えません。国内のデザイン会社は既に、世界遺産でもあるスルツェイ島の3Dマップを作成しています。デザイン会社によると、国内の詳細な地図を作成する事は可能としており、測量や観光に利用する事も可能になるかもしれません。

494624_1924_preview.jpg

2013/1/24    ヘイマエイ島、噴火から40年

現代のポンペイ、北のポンペイと呼ばれるへイマエイ島は1973年1月23日に噴火し、今年で40年を迎えます。ヴェストマン諸島の中でも唯一の有人島であるヘイマエイ島。噴火時は、島の東部にある大地の割れ目から北へ、1600メートルに渡り溶岩が流れ始めました。住民はポンプで海水を引き上げ溶岩を固めたものの街は壊滅状態になりました。5500人の住民たちは船で本島へ避難し、この噴火による死者は1名だけでした。それから3分2以上が島に戻り、街を復興。現在の人口は4500人まで戻りました。噴火から40周年を迎える1月23日は、島で式典が行われたとの事です。

498336_1924_preview.jpg

2013/1/23    アーティストはどこに住んでいる?

2013年、計241名のアーティストがアイスランド政府からの認可を受け取りました。
現在は87%のアーティストが都心部に住んでおり、7%が他の地域に、残りの6%は海外に住んでいる、とのこと。

355621_1924_preview.jpg

2013/1/22    少しずつ日が延びてきました

昨年12月21日は冬至だったアイスランドですが、昼の時間が一番短いとされる日から昨日まで、日が長くなったとの事です。12月21日の時点で[日の出10:37/日の入り16:43]、そして昨日1月22日では[日の出11:03/日の入り16:26]とのこと。6月21日の夏至まで、毎日6分ずつ日が延びるとの事です。

351199_1924_preview.jpg

2013/1/22    バス利用者が12%増加

アイスランドのバス会社Strætóの調査によると、2012年度の観光客は1000万人以上ということで、11.9%もバスの利用率が増加したということです。Strætó社によると、土曜日の運行や深夜の運行等、バス運行の拡張も含まれており、サービスが改善されたそうです。多く利用される路線に関しては、日中は15分に1本の間隔に。夕方は1時間ごとであったものに代わって、30分毎に増加したとのことです。利用者が沢山出かける事ができるという、Strætó社の歴史には初めての事であるそう。

104660[1].jpg

2013/1/21    今週のヒットチャート

1. (4)* ‘Nýfallið regn’ by Ásgeir Trausti
2. (2) ‘Háa c’ by Moses Hightower
3. (1) ‘Yfir borgina’ by Valdimar
4. (5) ‘Julia’ by Retro Stefson
5. (11) ‘Út’ by Ylja
6. (8) ‘Hvítir skór’ by Blazroca and Ásgeir Trausti
7. (9) ‘Love of the Light’ by Mumford & Sons
8. (-) ‘We No Who U R’ by Nick Cave & The Bad Seeds
9. (-) ‘Girl on Fire’ by Alicia Keys
10. (3) ‘Hafið er svart’ by Jónas Sig & Lúðrasveit Þorlákshafnar

()内は前回順位

350856_1924_preview.jpg

2013/1/20    フーサヴィークに新しいホテルが建設予定

建設会社Stractaは現在、アイスランドの北東にあるフーサヴィーク(アークレイリ方面にある街)に、部屋数100のホテルを、レストラン併設で建設する事を計画中。先週水曜日の会議では、申請された場所がホテル建設に適した土地ではなかったとして計画の見直しという結果になったが、おそらく別の場所で建設されるのではないかといわれています。建設会社Stractaは、フットボール選手、起業家がオーナー。国内様々な場所に計10、合計部屋数1001のホテルを建設する計画を立てています。

593897_1924_preview.jpg

2013/1/17    アイスランド世界最高のツアーに

ドイツのシュトゥットゥガルトで開催された世界旅行見本市で、なんとアイスランドのツアーが、世界最高のツアーの1つに選ばれました。ツアーは火と氷の国アイスランドを満喫できる、特産のアイスランディックニットを楽しむ事ができるツアーということでした。

im.jpg

2013/1/16    One of Europe’s ten “hottest” destinations 2013 by CNN

CNN Travelによる、 One of Europe’s ten “hottest” destinations 2013が発表され、なんとアイスランドのレイキャヴィークも選ばれました!オーロラや地熱温泉、氷河などといった、雄大な自然を楽しむ事ができる点が評価されたようです。ちなみに、他の選出都市は以下の通り。
コルシカ島(フランス)/リヴァプール(イングランド)/イスタンブール(トルコ)/インスブルック(オーストリア)/クレタ島(ギリシャ)/ヘルシンキ(フィンランド)/ベルファスト(北アイルランド)/アムステルダム(オランダ)/ベルリン(ドイツ)

lake.jpg

2013/1/16    新しい温水を発見

南西から北東にかけて横断している、地熱ベルトの外側に位置する西部のフィヨルド。しかし今、ここで温水が発見されました。これは、今週人口約650の街パトレクスフィヨルズゥルの、東部で掘削された後の出来事です。
地熱学者によると、ここには少なくとも32℃の温水が存在しており、いずれはパトレクスフィヨルズゥルにおいて、温水を使用する事が可能になるだろう、とのこと。

store5085_item356782_version1_fileservice1924_356782_1924_preview.jpg

2013/1/15    2012年アイスランドの失業率

最新の統計によると、2012年のアイスランドの失業率は平均5.8%となった。12月に失業者として登録された人の数は5.7%、11月よりも0.3%増加しました。11月から12月にかけて、女性が176人増加したのに対し、男性は254人の増加。労働局によると、失業率は季節変動が要因でもあり、一般的に年末に上昇しますが、1月末には5.1から5.5%に減少すると予想されています。

earthquakes_dec_2012.jpg

2013/1/14    先月のレイキャヴィークにおける地震状況

調査によると、2012年12月に起こったアイスランド国内の地震は約1000回。
12月4日にはマグニチュード2.9、2日後には3.1の地震がありました。また、ヴァトナヨークトルではマグニチュード3.3の地震も観測されました。
ちなみに、11月には1500回の地震が観測されています。

104660[1].jpg

2013/1/12    今週のヒットチャート

1. ‘Yfir borgina’ by Valdimar
2. ‘Julia’ by Retro Stefson
3. ‘Háa c’ by Moses Hightower
4. ‘Nýfallið regn’ by Ásgeir Trausti
5. ‘Hafið er svart’ by Jónas Sig & Lúðrasveit Þorlákshafnar
6. ‘Út’ by Ylja
7. ‘Gjafir jarðar’ by Ojba Rasta
8. ‘Heims um bóleró’ by Baggalútur
9. ‘Skyfall’ by Adele
10. ‘Síðasti móhítóinn’ by Sigurður Guðmundsson & Memfismafían

yun_728.jpg

2013/1/10    花火事故を受けて・・・

年末年始、家庭の花火により13名の負傷者が出たニュースがありました。この事故を受けて、花火の販売に関し見直しの必要があるのではないかと考えてられています。負傷された方の中には、顔に大きな火傷を負った方もいました。これは2.5kgの火薬が原因ではないかといわれています。販売される一番大きな家庭用花火は重さが約25kg、約2.5kg〜3kgの火薬が含まれており、200発射します。年々、大きくなる花火の危険性から、販売に関して見直しが必要だと専門家は話しています。ちなみにデンマークでは取扱ライセンスを取得している者を除き、このような巨大な家庭用花火は販売が禁止されています。スウェーデンでは、花火により脚を失った事故が発生しており、これを受け議論が進んでいます。

189446_338009452949234_1655749298_n.jpg

2013/1/10    Iceland Festival In Paris

今年で5回目を迎えるIceland Festivalが、1月31日〜2月8日にフランスのパリとナントで行われます。
パリではIceland Airwaves(アイスランドで行われる最大級の音楽祭)とのコラボレーションコンサートが行われ、アイスランド関連の映画上映会や、アイスランドとフランス両国の「社会における女性」についての議論の模様が放送されたりします。Skirの試飲パーティ等も。
一方のナントでもドキュメンタリー映画の上映や、アイスランド料理を楽しむ事ができます。

詳しいイベント詳細 (Iceland Festival HP in French) こちらLinkIcon
Facebook (Festival Air d'Islande) こちらLinkIcon

yun_2132[2].jpg

2013/1/9    タラが沢山とれた2012 in レイキャヴィーク

2012年もタラが沢山とれたレイキャヴィーク。シシャモやニシンを除いた漁獲量で、レイキャヴィークは国内1位に。港の大きさも、漁獲量2位のグリンダヴィークの2倍あるんだとか。
漁獲量のランクは以下の通り。
1位レイキャヴィーク/2位グリンダヴィーク/3位ヴェストマン諸島/4位ハプナルフィヨルズル/5位シグルフィヨルズル/6位アークレイリ/7位サンドゲエルジ/8位ボルンガルヴィーク/9位リーフ/10位ダルヴィーク

漁業理事HP (FISKISTOFA in English) リンクLinkIcon

l_05.jpg

2013/1/8    フランス映画祭2013 in レイキャヴィーク

今年で13回目を迎える「フランス映画祭」が、来る1月11日(金)〜24日(木)まで開催されます。上映作品はフランスから8作品・ベルギーから1作品。オープニング作品は昨年5月のカンヌ映画祭にもノミネートされた「De rouille et d’os(錆と骨)」。マリオン・コティヤール主演の映画です。また、その際パルムドール賞を受賞した「Amour(邦題:愛、アムール2013年3月9日公開予定)」など目白押し。上映作品は以下の通り。
Les Barons(2009),Un Poison Violent (2010), Nénette(2010),L’Illusionniste(2010),La famille Wolberg(2009),La clé des champs(2011), Adieu Berthe – l’enterrement de mémé(2012)

356267_1924_preview.jpg

2013/1/7    ニューイヤーズ・イヴをレイキャヴィークで

年末年始をレイキャヴィークで過ごす人が増加傾向にあるようです。調査記事によると、昨年11月までの観光客は619,000人。2011年は520,000人とのこと。旅行客の増加に伴い、ホテルも満室。この時期は夜遅くまで街が賑わうので、レストランで夕食をとり、新年をお祝いする花火を楽しむようです。メディアがアイスランドを取り上げているのも要因の1つだそう。一方で、クリスマス期間から新年にかけ、花火による事故も多発しています。13人の方が火傷で病院に搬送されたというニュースもありますので、ご自身で花火される際にはくれぐれもはしゃぎすぎない様に、とのことです。

Reykjavik overview pond2.jpg

2013/1/6    レイキャヴィークの姉妹都市はどこにある?

レイキャヴィークの姉妹都市は、現在17都市です。北欧4国の首都と、他13都市。
バクー(アゼルバイジャン)、カラカス(ベネズエラ)、コペンハーゲン(デンマーク)、
ヘルシンキ(フィンランド)、キングストン・アポン・ハル(イギリス)、ラパス(ボリビア)、
モスクワ(ロシア)、ヌーク(グリーンランド)、オスロ(ノルウェー)、サンクトペテルブルク
(ロシア)、シアトル(アメリカ)、ストックホルム(スウェーデン)、ストルミツァ(マケドニア)、トルシャブン(フェロー諸島)、ヴィリニュス(リトアニア)、ウィニペグ(カナダ)、
ゼーフェナール(オランダ)

tomato06.jpg

2013/1/3    アイスランド産トマトがイギリスに?!

近い将来、アイスランド産のトマトがイギリスに輸出されるかもしれないというニュースです。
約5ヘクタールにもなるヘトリスヘイジ地熱発電所近郊のグリーンハウスで、大規模なトマト栽培が行われる予定です。順調に進めば、来秋には4つの異なる品種のチェリートマトが実り、レイキャヴィーク港からイギリスに運ばれることとなります。地熱が主流のアイスランドではトマトやバナナなど、地熱により栽培される果物や野菜は珍しくありません。

104660[1].jpg

2013/1/2    今週のヒットチャート

本日は、アイスランドでのヒットチャートをお届けします。
ちなみに2012年12月22日〜29日までのデータです。

1. ‘Weekends’ by Kiriyama Family
2. ‘Leyndarmál’ by Ásgeir Trausti
3. ‘Qween’ by Retro Stefson
4. ‘Glow’ by Retro Stefson
5. ‘Stutt skref’ by Moses Hightower
6. ‘Tenderloin’ by Tilbury
7. ‘Lakehouse’ by Of Monsters and Men
8. ‘Sýn’ by Valdimar
9. ‘Ef ég gæti hugsana minna’ by Magnús Þór & Jónas Sigurðsson
10. ‘Frelsið’ by KK

room.jpg

2013/1/1    元旦は寝正月が好き

多くのアイスランド人が、ニューイヤーズ・イヴで夜遅くまで盛り上がり、更には二日酔い・・・なんてこともあり、元旦は正午あたりまでゆっくり寝て過ごす、というのが好まれているようです。そして、元旦の夜は、家族みんなで夕食をとり、新年を祝います。食事はお肉よりお魚が好まれるようで、サーモンもポピュラーな選択です。夕方のニュースでは、新年に産まれた赤ちゃんのお話が取り上げられました。