旅情報 of visiticeland

HOME > 旅情報

アイスランドには、年間約50万人の観光客が海外から訪れます。日本からの旅行者は、年間7,000人で、全旅行客の約1~2%にしかすぎません。年間50万人の渡航客数は、アイスランドの人口よりも多く、特に、アメリカや、ドイツ、イギリスからの旅行者が多く訪れます。避暑地として訪れるヨーロッパ人もいますが、やはりアイスランドの醍醐味は、澄み切った空気の中で楽しむ大自然との戯れでしょう。滝あり、氷河あり、温泉あり、オーロラあり。自然の大きさは想像以上です。国土は、103,000Km2、南北の長さが306Km、東西の長さが483Kmで地図を見てもわかるとおり、四国と北海道を足した位の大きさで、正方形に近い形をしています。
アイスランドの自然は、壮大です。レイキャヴィーク近郊や、北部、南部アイスランドだけではなく、是非中央アイスランドにもお越し下さい。

日本を含む、下記の国のパスポート保有者は、90日以内の観光、ビジネス、長期滞在等の場合、パスポートの残存が3ヶ月以上あれば、ビザは必要ありません。詳しくは、URLをご覧下さい。

尚、アイスランドビザの発給業務は、デンマーク大使館が代行しています。
※デンマーク大使館(Royal Danish Embassy in Japan)
〒150-0033
  渋谷区猿楽町29-6
  電話:03-3496-3001
デンマーク大使館

アメリカ、アンドラ、アルゼンチン、オールトラリア、オーストリア、ベルギー、ボリビア、ブラジル、ブルネイ、ブルガリア、カナダ、チリ、コスタリカ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エクアドル、エルサルバドル、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、グアテマラ、ホンジュラス、香港(HKSARパスポート保持者)、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マカオ(MSARパスポート保持者)、マレーシア、マルタ、メキシコ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ノルウエー、パナマ、パラグアイ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、シンがボール、スロヴァキア、スロベニア、大韓民国、スペイン、スウエーデン、スイス、グレートブリテン、ウルグアイ、ヴァチカン、ベネゼーラ

006.JPG
スカウルホルト

044.JPG
シンクヴェトリル国立公園

日本から、アイスランドまでの定期直行便は現在、就航しておりません。各ヨーロッパ又はアメリカ、カナダ経由で乗り継ぎ、アイスランドに入ります。コペンハーゲン、ロンドンを始め、アムステルダムや、パリ等殆どのヨーロッパ主要都市から、アイスランド航空又はアイスランド・エクスプレスが就航しております。東京から1回の乗り継ぎでアイスランドに行く為には、コペンハーゲンが便利です。(航空会社、曜日により異なります。)
飛行時間は、各ヨーロッパの都市から約3時間から4時間で、各アメリカからは、ニューヨークから5時間30分、ボストンから5時間05分。カナダからは、ハリファックス、トロントから就航しており、飛行時間は、それぞれ5時間45分、5時間15分になります。日本からアイスランドまでの総飛行時間は、乗り継ぎ時間を入れて約20時間位かかります。最近は、アイスランドに飛ぶ格安航空会社なども就航し始めました。詳しくは、弊社にお問い合せ下さい。お客様にあった航空券をご用意させて頂きます。

お問い合せ

IMGP1279.jpg
アイスランド航空

朝7時前後にケフラヴィーク国際空港から、各ヨーロッパへの便が出発し、北アメリカからの便が到着します。16時位からヨーロッパ便が発着し、北アメリカ便が出発いたします。21時以降にヨーロッパ便が到着し、ケフラヴィーク国際空港は、時間帯によって混在状況がかなり変わります。特に朝7時以降の出発便が多く、チェックインカウンターが混み合う場合もあります。
空港自体は、とても小さく判り易い空港です。
Keflavik Airport

209.JPG
ケフラヴィーク国際空港

レイキャヴィークの南西レイキャネス半島に向って車を約40分程走らせると、 もくもくと上がる白煙を目にします。そこが、Svartsengi(スヴァルツェンギ地熱発電所)で、 その発電所に隣接して、アイスランドで最も有名なブルーラグーンがあります。 右も左も溶岩台地の中で突如現れる、ブルーラグーンの淡い水色は、 思わず息を呑んでしまうほど美しい色をしています。東部アイスランドは、ヴァトナヨークトルだけではありません。 東部アイスランドは、細くて長く先の尖った壮大なフィヨルドが続いています。 この地域はアイスランドで最も古い地帯のひとつで、これらのフィヨルドは、 氷河期に氷河によって削り取られたものです。鋭く尖ったフィヨルドは、 他のフィヨルドとは違った表情をしています。殆どのフィヨルド地区には、現在人は住んでいませんが、 ハイキングをしていると、長い年月を掛けて作り上げられた自然の芸術を堪能する事ができます。
 東部フィヨルドを北側、ヘルズ方面に向うと又違った光景を目にします。 太陽があたる保護地域には、植物が多く繁殖しています。Egilsstaðir (エイイルスタジール)は、東部アイスランドの玄関口で、旅行者にとっての、 情報収集の場所です。更に北に行くとまた、起伏に富んだ丘の間を流れる川などを見ることができます。
 アイスランド東部のフィヨルドには、多くの入り江があり、19世紀には沢山の漁港ができて、 今でもこれらの漁港は東部フィヨルドに存在しています。これらフィヨルドにある村々は、 特別な魅力があり、毎年各地で行事が多く行われています。東アイスランドにある博物館では、 東アイスランドの歴史を知ることができます。さらにトナカイの、 地球が生み出した大自然の中を楽しげに歩き回っている光景を見ることができます。 (アイスランドのトナカイは、もともとアイスランドに生息したいたのではなく、 1771年から1789年の間にノルウエーから輸入されたトナカイが野生化したものです。)

store5085_item359651_version3_015_7671.jpg
ヨークルサウルロン

Kalfshamarsvik[1].jpg
東部海岸

East fjord.jpg
東部フィヨルド

アイスランドの北部は、南部に比べて雨量が少なく、日照時間も長くて非常に過ごし易いエーリアです。
夏は白夜を楽しむ事ができて、ミッドナイトサンゴルフや、 真夜中のトレッキングなどを楽しむ事ができます。フーサヴィークの北側には、 グリムスエイ島があり、アイスランドで唯一北極圏内にある島です。 北西部は、氷河期から火山活動も休止していて、沢山の綺麗な川が流れていて釣りも大変盛んです
大昔に、破壊的な氷河の洪水が起きて、岩を突き破って渓谷を作り出した川、 Jökulsá á Fjöllum(ヨークルスアゥ アゥ フィヨトルム)や、くぼんだ盆地Ásbyrgi (アゥスビールギ)は現在、国立公園になっています。
 Lake Mývatn(ミーヴァトン湖)のすぐ側にあり、地熱や、 野鳥などの自然地域として有名です。
殆どの低地では、かなり以前から農夫や漁師がこの地域に住んでいました。 最近では、あまり人も住まなくなり、Eyjafjörður(エイヤフィヨルズル)や、 Melrakkaslétta(メールラッカスリャッタ)などに
移り住むようになりました。 しかし多くの旅行客は、手がつけられていない大自然や、平和を求めてや
ってきます。Húnavatnssýsla(フーナヴァスシスラ)Skagafjörður(スカーガフィヨルズル)では、旅行客達は、 とても大事な古いアイスランドサーガの行事を見ることができます。 沖では、アザラシを観察する事もできます。エイヤフィヨルズルや、Skjálfandi(スキャルヴァンディ) で見る事ができ、Húsavík(フーサヴィークには、クジラ博物館があります。 20世紀初頭に、空前のニシンブームがおき、これにより多くのアイスランド人が訪れ、 Siglufjörður(シグルフィヨルズル)は大いに賑わい、ニシン港として有名になりました。
 何百年も前から、アイスランド人はあらゆる交通手段として、また農業用に馬を使うようになりました。 スカーガフィヨルズルは、馬や伝統的な馬術で有名で、北部全体の乗馬ツアーをする事ができます。 スカーガフィヨルズルでは、とてもスリルのあるラフティングをする事もできます。Hofsós(ホーフスゥス)の出入国管理局では、19世紀に20パーセントのアイスランド人達がより良い生活を求めて、移民をした記録を知ることができます。
 アークレイリは、文化、教育、芸術の中心地であり、北の首都として栄えています。 アークレイリでは、白夜の時期に芸術などのイベントが多く催しが開催されます。 首都アークレイリには、レイキャヴィークからエアー・アイスランドが毎日就航しています。 又、コペンハーゲンからアイスランドエクスプレスが就航しています。 レイキャヴィークからは、約45分の飛行時間です。

デティフォス.JPG
デディフォス

store5085_item351118_version1_Akureyri.jpg
アークレイリ

store5085_item350546_version1_Ljotipollur.jpg
アスキャ

store5085_item357405_version1_09_2696.jpg
アウスビールギ

連なっています。 北部には殆ど人は住んでいなません。 その為、全く手付かずの自然を満喫する事ができます。 ドランガヨークトルと言う氷河もあり、西部フィヨルドの中心地、イーサフィヨルズルから遠くに、この氷河を見ることもできます。 アイスランド人に一番どこの地域が好きかと尋ねると、多くの人西部フィヨルドと答えるほど、 大自然の残る美しい地域です。

store5085_item493592_version1_Ísafjörður.jpg
イーサフィヨルズル

西部アイスランドを旅すると、15-16万年前から9世紀まで、火山活動によって作られた地質学てきな歴史を知ることができるでしょう。
最も古い岩は、西部フィヨルドにあるKögur(ケーグル)で、最も新しいのは、Borgarfjörður(ボルガルフィヨルズル)で、それぞれ個性に富んだ形をしています。色々な種類の火山があり、大地からミネラル豊富な温泉が無限に湧き出ています。
デイルダルトゥングクヴェルでは、毎秒200リットルの温泉が湧き出いているのです。スナイフェルネスヨークトルは、2001年に国立公園に指定され、ブレイザルフィヨルズル湾には、多くの海鳥が棲息しています。又、西部アイスランドは、レイクホルトを始めとして、サガやエッダに登場してくる事が多く、アイスランドの歴史を知る上では、大変貴重な地域と言えるでしょう。ボルガフィヨルズルには、2つの大学があり、多くの観光客も訪れて、年々発展している地域でもあります。奇形奇岩が沿岸を形成し、町では歴史を感じる事ができ、そして豊富な温泉の湧き出るこの地域は、これから目が離せない地域と言っても過言ではないでしょう。

store5085_item351341_version1_Arnarstapi.jpg
アルトナルスタービ

store5085_item351125_version1_Búdir Snæfellsnes.jpg
ブージル